ミニマリスト直伝!本を処分する方法の実際 この記事はPRを含みます

ミニマリスト直伝!本を処分する方法の実際

本が多すぎて足の踏み場に困っていませんか?

かつての高野がそうだったように、本好きの部屋は本や書類であふれがちです。

減ることがなく増えるばかりの本。

でもこの状況はよろしくありません。遅かれ早かれ部屋の外へ連れ出さなければ、本が溢れてしまいあなたが溺れてしまうかもしれませんよ ( ^ ^ )

この記事では、スッキリとした生活空間を手に入れるために、高野がお薦めする本の処分スキルをご紹介します。

これらの方法を参考にして、ボチボチで良いので実際に本の整理を始めてみましょう。

まずは、本の売却でお金を得る

ミニマリスト直伝!本を処分する方法の実際

本が増えすぎて困っているなら、まずは売却を考えてみましょう。

読み終わった本や、もう読まない本を売ることで、スペースを確保しながらお金も手に入ります。

一石二鳥ですね!ここでは、本を売るための具体的な方法とコツを紹介します。

まず、売却先の選び方です。

高野がオススメする選択肢はこちらです。

1. ブックオフ
2. メルカリ/ヤフオク
3. Amazonリコマース
4. 買取王子

これらの特徴を理解して、自分に合った方法を選びましょう。

まずは

1. ブックオフです。

全国展開しているので、店舗に直接持ち込むことで簡単に売ることができます。

意外に知られていないのですが、値段がつかない本を無料で引き取ってもらえるのはサービスなんです。
(でないと、買い取ってもらえなかった本は持ち帰らなくてはなりません)

ただし、買取価格が低くなる傾向にあるので、価値のある本は他の方法と比較してから判断しましょう。


2. メルカリヤフオク!などのオンラインマーケットプレイスでは、直接購入者に販売することができます。

レアな本や人気のある本を高値で売るチャンスなので、写真撮影や説明文の工夫で、魅力的にアピールしましょう。

ただし、発送や梱包に手間がかかるのが難点です。


3. Amazonマーケットプレイスは、手軽に出品できる利便性が魅力です。

Amazonアカウントがあればすぐに始められ、多くのユーザーにアプローチできるのが強みです。送料込みの価格設定に注意しながら、販売実績を積み重ねると良いでしょう。


4. アマゾンリコマースは、Amazonが提供する買取サービスで、特に簡単に本を売ることができます。

対象商品を送るだけで査定してもらえ、手間が少ないのが利点です。査定価格が気に入らなければ、返送してもらえるので安心です。

関連記事
image
amazonリコマースを実際に利用して買取金額を公開!手軽に本の買い取りをするならコレ! それは私の狭い部屋をモデルルームのような部屋にしたい、という願いから始まりました。 そう、部屋を占める大量の本の処……

5. 買取王子は、宅配買取サービスとして人気があります。

専用の段ボールに詰めて送るだけで査定を受けられ、結果に応じて振り込みをしてもらえます。

買取価格が比較的高く、まとめて売るとボーナスが付くこともあるので、多くの本を一度に処分したいときにおすすめです。

関連記事
image
【実際の買取価格を公表】手間いらずの宅配買取『買取王子』は忙しい人にこそオススメです! 手元に不要になった商品が眠っていませんか? フリマアプリで出品して売却できれば、そこそこの収入になりそうだけど‥‥……


このように本を売却することで、本棚の整理にとどまらず、ちょっとしたお小遣い稼ぎができます。

売却する本を見極めながら、ゆっくりと試してみてください。

自分にとって本当に必要な本を見極める

ミニマリスト直伝!本を処分する方法の実際

本が好きな人にとって、本を手放すことは難しい決断です。

しかし、ミニマリストの考え方を取り入れることで、自分にとって本当に必要な本をよりすぐり、そうでない本をあぶり出すことができます。

ここでは、自分にとって本当に必要な本を見極めるための考え方と方法について詳しく解説します。

1. 感情的な価値を重視する

まず、本を見極める際に重要なのは感情的な価値です。

近藤麻理恵さんの「ときめき」メソッドでは、物を手に取ったときに感じるときめきがその物の価値を示すとされています。

あなたの部屋にある本も同様に、手に取ったときに心がときめくかどうかを基準に選別してみましょう。

特別な思い出が詰まっている本や、読むだけで心が温かくなる本は手元に置き、そうでない本を処分箱へ入れるようにすれば、本当に必要な本を選りすぐることができます。

この時、処分しようと決めた本を入れる箱は「処分箱」でもいいのですが、不安がある場合は「保留箱」という名にして、1ヶ月処分を保留してから処分するというのもオススメの方法です。

2. 実用性と現実的な価値を考える

実用性や現実的な価値も考慮することが重要です。

実用的な価値を見極める際には、最近の使用頻度や今後の必要性を考慮しましょう。

例えば、頻繁に参考にする辞書や専門書、仕事や学習に必要な教科書などは、実生活において役立つため手元に置いておく価値があります。

しかし、一度も開いていない本や、今後も読む予定がない本は処分の対象とするべきです。

「この本を1年後にも持っていたいか?」「この本を再び読む可能性があるか?」などと自問自答してみましょう。

未来の自分が必要としない本は、今手放しても問題ないでしょう。逆に、未来の自分にとっても価値があると感じる本は手元に残すべきです。

未読の本を捨てることはハードルが高く感じますが、それほど魅力を感じない本を読む時間は、他のことに使うべきと割り切りましょう。

3. そして、感謝の気持ちで手放す

最後に、本を手放す際には感謝の気持ちを添えましょう。

本が自分に与えてくれた知識や楽しみ、感動に感謝し、次のステップへと進む気持ちを持つことで、罪悪感や後悔を感じることなく本の整理を進めることができます。

本との「出会い」と「別れ」をサクサクとこなすには、これは大事な考え方なので「精神論かよ!」と言わずに、心の中で「ありがとう」と言ってみてください。

このプロセスを通じて、あなたの本当に大切なものを見極める力が養われ、ミニマリストとしての生活がより充実したものになるでしょう。

最後に

ミニマリスト直伝!本を処分する方法の実際

本が溢れて足の踏み場もない部屋では、生活の質が低下してしまいます。

そんな状況を改善するためにも、本の整理が必要です。

ミニマリストのライフスタイルにおいては、スッキリとした空間を保つことが重要となるので、本の選別は、感情的な価値と実用的な価値をバランス良く考えることが大切です。

この記事を参考にしながら、少しずつ本の整理を始めてみましょう。

整理整頓された部屋は、心地よい生活を実現し、あなたの毎日をより充実させることでしょう。

関連記事
image
【ミニマル生活なら必須】どこを選べばいいの?あなたにおすすめの電子書籍ストアの選び方 部屋にあふれた多くの本を、処分するかどうかは別にしても、少しずつ減らしていこうとするなら電子書籍の併用をオススメします。……

私がこの記事を書いたよ!

高野 拓海

トップへ